ディープ 種付け中止…首に痛み「大事を取る」

[ 2019年4月2日 05:30 ]

種牡馬としても多くの活躍馬を輩出しているディープインパクト
Photo By スポニチ

 12~18年まで7年連続でリーディングサイアーを獲得しているディープインパクト(牡17)が首の痛みのため、今年の残りシーズンの種付けを取りやめることが1日、分かった。

 2月のシーズンスタートから順調に種付けをこなしていたが、3月に入って中止。けい養している社台スタリオンステーションの事務局は「日々の運動はしていますが(種付けの)立ち上がる動作の時に痛みがあります。無理して大きな事故になってもいけないので、大事を取ることにしました」とコメント。その上で「命に関わることではありません」と重篤な症状ではないことを強調した。来年誕生する産駒は20頭前後になる見通し。今後は来年の種付けシーズンに向けて体調の回復に努める。

 ディープインパクトは現役時代に14戦12勝。05年に牡馬3冠を制するなどG1を7勝。07年に種牡馬入りし、ジェンティルドンナやサトノダイヤモンド、エイシンヒカリなど多くの活躍馬を輩出している。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2019年4月2日のニュース