【高松宮記念1週前追い】ドンキ好状態 ラスト1F12秒5

[ 2019年3月15日 05:30 ]

<高松宮記念 追い切り>坂路で追い切るレッツゴードンキ (撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 高松宮記念(24日、中京)に出走するレッツゴードンキ(牝7=梅田)が坂路を気持ちよく駆け上がった。4F49秒4~1F12秒5とベストタイムに近い好時計。梅田師は「いいタイムでしまいも12秒5。終わった後もケロッとしていたし、ホントに凄いね」と絶賛した。

 高松宮記念は17、18年と2年連続で2着。今回が4度目の挑戦となる。「見た目から衰えは感じない。阪急杯を使っているので、状態はいいです」と好調をアピールした。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年3月15日のニュース