【馬券道コバヤシ 特別編】10日中京11R この舞台はキンカメ産駒の庭エアウインザー

[ 2019年3月10日 08:00 ]

 “菜七子効果”が出ている。9日に開幕した春の中京競馬初日は入場人員が対前年比(昨年度の第2回中京競馬初日との比較)で114・9%。売得金が109・3%とともに上回った。その藤田菜七子は1Rのヒイナヅキでいきなり勝利。Vを確信したファンからはゴール前で拍手が送られていた。今日は中山で5鞍に騎乗。ハッスルプレーに期待しよう。

 日曜の狙いは中京11Rのエアウインザー。1月の中京スポニチ杯と同じ芝2000メートルが舞台。今年、その日のイベントでも話したのだが「この条件はキングカメハメハ産駒が強い」。昨年の愛知杯はマキシマムドパリが3着。一昨年の愛知杯もマキシマムドパリ、サンソヴールでワン・ツー。金鯱賞もヤマカツエースがVでスズカデヴィアスが3着。中日新聞杯でミッキーロケットが2着などバンバン走っている。ここでG1ホースをなぎ倒して、大阪杯の“主役”にのし上がる。

 馬券は馬単で相手は○モズカッチャン、▲リスグラシュー、☆ダノンプレミアム、以下△サトノワルキューレ、ギベオン、ムイトオブリガード、アルアインへ流す。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2019年3月10日のニュース