【岡崎淳の馬見塾】3日阪神10R インビジブルレイズの巻き返し

[ 2019年3月3日 08:00 ]

 日曜の阪神競馬場は天気がカギだが、少なくとも15時ぐらいまでに強く降ることはなさそう。ならば、15時スタートの10Rはインビジブルレイズで勝負できる。

 昇級戦の前走は外々を回して0秒7差の9着。やや物足りない内容だったが、やはりコーナー2つのコース、かつ良馬場でこそのタイプなのだろう。一見するとムラ駆けのように思えるが、コーナーが3つ以上のコースや道悪を除けば、実に安定して走っている。過去3戦して【2100】と最も得意にする阪神芝1600メートルなら、準オープンでも勝ち負けになる。

 相手はラセットとキロハナが本線。以下、ライラックカラー、イストワールファム、ダノンアイリス、オブリゲーションまで印を回した。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2019年3月3日のニュース