【東海S】追ってひと言

[ 2019年1月18日 05:30 ]

 ▼アスカノロマン(川村師)状態に大きな変化はない。勝ったことのあるレースだし期待したいね。

 ▼アングライフェン(安田隆師)短期放牧を挟んだが、変わりなくきている。馬はまだ若いよ。展開に左右されるタイプだし、自分の競馬でどこまでやれるか。

 ▼グレンツェント(ミナリク)最後の400メートルで内への指示。乗りやすいし、反応も動きも良かった。

 ▼コスモカナディアン(加山助手)単走だが最後まで気を抜かせないよう走らせた。この時季は調子がいい。

 ▼シャイニービーム(羽月師)中1週なので、馬なりでしまいだけ伸ばした。前走はスローペースでもよく差してきたし、ああいう競馬ができれば。

 ▼メイショウスミトモ(古川)調子は上がってきているし、8歳でも馬は元気。あとは展開が向けば。

 ▼モルトベーネ(松永昌師)動きは良かった。気難しさを出していたので坂路主体からコース追いに変えたら、その効果はありそう。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2019年1月18日のニュース