【AJC杯】菊花賞馬明け4歳初戦、連対率44%

[ 2019年1月18日 05:30 ]

フィエールマン
Photo By スポニチ

 08年オウケンブルースリから17年キセキまでの菊花賞馬10頭の明け4歳初戦での成績は【2・2・1・4】(09年スリーロールスは同年有馬記念で引退)で連対率44%、3着内率56%。12年菊花賞馬ゴールドシップと16年サトノダイヤモンドはいずれも4歳初戦は阪神大賞典に出走し、快勝。キセキは菊花賞V後は3歳12月の香港ヴァーズ9着、4歳初戦の日経賞9着と敗れた。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2019年1月18日のニュース