【10大ニュース】4位 新女傑アーモンド、牝馬3冠&驚愕ラン

[ 2018年12月31日 05:30 ]

圧倒的な強さを見せつけ秋華賞を快勝、牝馬3冠を達成したアーモンドアイ(撮影・平嶋理子)
Photo By スポニチ

 ロードカナロアが初年度産駒から出した超大物。年明けのシンザン記念を皮切りに連勝街道をばく進。桜花賞、オークス、秋華賞と危なげない走りで牝馬3冠をあっさり獲得。ジャパンCでは2分20秒6という驚愕(きょうがく)のレコードをマークして強豪牡馬を斬り捨てた。前哨戦を使わない、ぶっつけ本番のローテーションも新時代を感じさせた。

 主戦ルメールが「日本一強い」とほれ込む女傑。来年はドバイで始動し、秋は欧州最高峰G1凱旋門賞を見据える。日本競馬の悲願をかなえるか。19年の主役も間違いなくこの馬が務める。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年12月31日のニュース