【川口・SSシリーズ】佐藤摩 自慢のスタートでV頂く

[ 2018年12月31日 05:30 ]

SSシリーズ戦準決9で1着ゴールを決めて笑顔の佐藤摩
Photo By スポニチ

 11月の川口日本選手権で女子レーサー初のSG優出という快挙を達成したばかりの佐藤摩が、SSシリーズ戦でも存在を大いにアピールしている。3日間の予選を3、3、2着でまとめて迎えた準決9R。「エンジンもタイヤも3日目と同じ状態」でもパワーは抜群。自慢のスタート力を発揮して独走ゴールを決めた。上がりタイムは驚異の3秒350。トライアル戦組にも負けない立派な数字だ。

 「今シリーズで初めて11Rを走るので、冷えた走路に対応できるかが心配」と佐藤摩。しかし、男子レーサー相手でも決して気持ちで負けることはない。優勝戦は0Mオープンとなり、3枠のポジションは申し分ない。トップスタートであっさりと頂点をつかむ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年12月31日のニュース