【2018YJシリーズ】27日大井&28日中山で決着

[ 2018年12月27日 05:30 ]

 2018ヤングジョッキーズシリーズが、27日に大井で、28日に中山競馬場で行われる。トライアルラウンドを勝ち上がった地方競馬7人、JRA7人(栗東4人、美浦3人)が4競走に騎乗し、着順によって点数が与えられ、合計得点で順位を決定する。昨年は52ポイントを獲得した臼井健太郎(船橋)が優勝。岩崎翼(JRA栗東)が1ポイント差で2位だった。

 【14ヤング騎手紹介】

 ◆渡辺 竜也(わたなべ・たつや)2000年(平12)3月8日生まれ、千葉県出身の18歳。笠松・笹野博司厩舎。地方騎手ではただ一人、2年連続でのファイナルラウンド出場。17年4月3日、笠松でデビュー。同26日の笠松で初勝利。地方通算1111戦101勝。

 ◆松木 大地(まつき・だいち)1995年(平7)3月11日生まれ、大阪府出身の23歳。高知・雑賀正光厩舎。漫画「みどりのマキバオー」を読んで騎手を志す。15年4月4日、高知でデビュー。6月28日の高知で初勝利。今年5月に結婚。地方通算2236戦70勝。

 ◆長谷部 駿弥(はせべ・しゅんや)1999年(平11)4月21日生まれ、大阪府出身の19歳。兵庫・小牧毅厩舎。名前が示す通り両親は競馬ファン。「弥」は弥生賞から取ったとか。17年4月18日、園田でデビュー。6月23日の園田で初勝利。地方通算585戦33勝。

 ◆山本 咲希到(やまもと・さきと)1996年(平8)11月16日生まれ、奈良県出身の22歳。北海道・松本隆宏厩舎。レーサーになりたかった父がサーキットからの連想で「さきと」と名付けた。15年4月22日、門別でデビュー。5月6日の門別で初勝利。地方通算1043戦89勝。

 ◆桜井 光輔(さくらい・こうすけ)1999年(平11)4月26日生まれ、神奈川県出身の19歳。川崎・八木正喜厩舎。実家が近くの川崎競馬場へ祖母に連れられ、騎手を志す。17年4月3日、川崎でデビュー。翌日の川崎で初勝利。地方通算845戦46勝。

 ◆落合 玄太(おちあい・げんた)1998年(平10)4月4日生まれ、愛知県出身の20歳。北海道・田中淳司厩舎。小学3年時に中京競馬を見て、すぐに乗馬クラブ通いを始める。今年4月18日、門別でデビュー。5月3日の門別で初勝利。地方通算504戦58勝。

 ◆義 英真(よし・えいしん)1995年(平7)10月13日生まれ、鹿児島県出身の23歳。栗東・フリー。14年3月1日、阪神でデビュー。翌2日の阪神で初勝利。中山では騎乗はあるが白星はなし(5戦0勝)。JRA通算2179戦58勝。今大会はJRA勢の1位で通過。師匠の崎山博樹師が11月29日、死去。師匠に優勝の吉報を届けたい。

 ◆西村 淳也(にしむら・あつや)1999年(平11)7月30日生まれ、兵庫県出身の19歳。栗東・田所秀孝厩舎。今年3月3日、阪神でデビュー。同31日の阪神で初勝利。デビュー初年度ですでに8つのJRA競馬場で騎乗済み。残るは中山、札幌。JRA通算403戦13勝。

 ◆吉井 章(よしい・しょう)2001年(平13)3月26日生まれ、東京都出身の17歳。大井・松浦裕之厩舎。父は大井の吉井竜一元騎手(現調教師)。今年4月16日、大井でデビュー。5月11日の大井で初勝利。地方通算414戦29勝。

 ◆井上 敏樹(いのうえ・としき)1994年(平6)12月5日生まれ、埼玉県出身の24歳。美浦・フリー。14年3月1日、中山でデビュー。4月13日の中山で初勝利。美浦所属ながら今秋は栗東に拠点を移して奮闘中。JRA通算2060戦62勝。

 ◆横山 武史(よこやま・たけし)1998年(平10)12月22日生まれ、茨城県出身の20歳。美浦・鈴木伸尋厩舎。父は横山典弘、兄は横山和生。17年3月4日、中山でデビュー。4月16日の福島で初勝利。JRA通算1028戦48勝。

 ◆荻野 極(おぎの・きわむ)1997年(平9)9月23日生まれ、東京都出身の21歳。栗東・フリー。16年3月5日、阪神でデビュー。4月10日の阪神で初勝利。本シリーズのファイナルラウンドは昨年も出場し、中山で1勝を挙げている。JRA通算1766戦97勝。

 ◆服部 寿希(はっとり・としき)1999年(平11)3月9日生まれ、愛知県出身の19歳。栗東・フリー。今年3月3日、小倉でデビュー。9月8日の阪神で初勝利。JRAではまだ1勝もトライアルラウンドでしぶとく上位を積み重ねて滑り込んだ。幸運を生かしたい。JRA通算214戦1勝。

 ◆木幡 巧也(こわた・たくや)1996年(平8)5月9日生まれ、茨城県出身の22歳。美浦・牧光二厩舎。木幡3兄弟の次男。16年3月5日、中山でデビュー。同月27日の中山で初勝利。17年レパードS(ローズプリンスダム)でJRA重賞勝ち。JRA通算1861戦86勝。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2018年12月27日のニュース