【川崎・全日本2歳優駿】ノーヴァ3連勝頂点!

[ 2018年12月20日 05:30 ]

G1全日本2歳優駿を快勝したノーヴァレンダ(右)。
Photo By スポニチ

 18年の2歳ダート王決定戦「第69回全日本2歳優駿」(G1)が19日、川崎競馬場で行われた。5番人気のノーヴァレンダが4コーナー先頭から後続の強襲を振り切り優勝した。手綱を取ったデビュー13年目の北村友、管理する斉藤崇師ともにG1初制覇となった。

 緩いペースだったが、きっちり2番手で折り合えたのが最後の粘りにつながった。直線外から追い上げるガルヴィハーラを振り切ったが、今度はデルマルーヴルが勢いの違う末脚で襲いかかった。それでも頭差振り切ってVゴールを先に駆け抜けた。北村友は「ゴール前はヒヤッとした。それでも能力でカバーしてくれた。コーナーを曲がるのがうまくないけど、今日は我慢してくれた。勝てて本当うれしい」と笑顔がはじけた。開業3年目で重賞初制覇がG1となった斉藤崇師も「騎手も厩舎も初めてのG1タイトル。馬ももっともっと成長するだろうし、来年はこの馬とともに一つ上のステップに上がりたい」と将来を見据えていた。

 2着デルマルーヴル(M・デムーロ)1コーナーまでハミをかんでいた。なかなか手前を替えてくれなかったが、最後の直線で替えたら伸びたが…。

 3着ガルヴィハーラ(ルメール)スタートが少し良くなかった。体が硬い馬できついコーナーが合わなかった。

 ◆ノーヴァレンダ 父ダイワメジャー 母モンプティクール(母の父クロフネ) 牡2歳 栗東・斉藤崇史厩舎 馬主・キャロットファーム 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績4戦3勝(南関東1戦1勝) 総獲得賞金5022万4000円。

続きを表示

「関屋記念」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年12月20日のニュース