【有馬記念1週前追い】サトノダイヤモンド、有終Vへ「順調」

[ 2018年12月14日 05:30 ]

3頭併せで追い切るサトノダイヤモンド(左)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 有馬記念が引退レースとなるサトノダイヤモンド(牡5=池江)。1週前追い切りはCWコースでの併せ馬。3歳1000万サトノグロワールの内に併せ、馬体を並べてゴール。格下相手だったが、6F82秒0〜ラスト1F11秒4としっかり負荷が掛けられた。池江師は「まずまず。いい動きだったと思います。順調に来ているし、出来落ちもなさそう」と満足げ。前走のジャパンカップは6着に甘んじたが、「力は出し切れたと思う。ダメージもないので」と振り返る。3歳時にG1・2勝目を挙げた思い出の舞台。完全復活と有終Vへ。これから最後の“磨き”がかけられる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年12月14日のニュース