【朝日杯FS】アレグリア、1馬身先着 古馬を子供扱い

[ 2018年12月13日 05:30 ]

ルメールを背に併せで追い切るグランアレグリア(右)(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 競馬史を塗り替える天才少女だ。“紅一点”のグランアレグリア(藤沢和)が美浦Wコースで追い切られ、5F69秒2〜1F13秒0をマーク。抜群の身体能力を披露した。デビュー2連勝中のディープインパクト産駒。80年テンモン以来38年ぶりとなる牝馬の朝日杯FS制覇へ、きっちり態勢を整えた。

 キャンターで流すように歴戦の古馬を突き放す末恐ろしい身体能力。スペイン語で大歓声(グランアレグリア)と命名された2歳牝馬の走りを見届けた藤沢和師が思わず口にしたのは…。わずか3日前、カナダ・バンクーバーの女子フィギュアGPファイナル舞台で大歓声を浴びたニューヒロインの名だった。「まるで紀平だな。4回転しちゃうんじゃないか(笑い)。デビュー時から桁違いの牝馬だったけど、使うごとにますます良くなってきた」。ジュニア時代からシニア顔負けのジャンプを見せ、滑るたびに進化する紀平梨花ばりの身体能力と成長力。師はデビュー2連勝中の2歳牝馬を「天才少女」と繰り返した。

 Wコースで併せたトレクァルティスタ(7歳1600万)を子供扱い。主戦・ルメールを背に2馬身後方から差を詰める。3角で早くも並びかける勢い。直線では手綱を押さえたまま楽走で1馬身半先着した。ストップウオッチを持ち歩かないトレーナーは遅い時計(5F69秒2)も意に介さない。「走るのが大好きな馬。勝手に走っちゃうから余計な調教はいらない。キャンターより少し速ければ十分」。あどけない顔で「滑っている時間が楽しい」と笑う紀平のような前向きな気性。「他の牝馬とは全然違う」と同師が指摘するスピードも兼ね備えている。「体重も前走から6キロぐらい増えている。男馬みたいな体つき?そうじゃなきゃ牡馬にぶつけないよ」と続けた。

 追い切りから引き揚げてきたルメールも手応えを隠さない。「男相手でも心配していません。前走(牡馬混合のサウジアラビアRC)だって楽勝。ポテンシャルが高い」と語り、追い切りの動きにも合格点を与えた。「少し掛かったけど、この馬らしい。ペースが遅いので走りたがっていたんです。追い切りの直前に(右後肢を)落鉄したけど、バランスのいい走りだったし、手前(軸脚)をしっかり替えて素早い反応だった」

 歴戦の古馬をキャンターで一蹴した天才少女が挑むのは80年テンモン以来38年ぶりの牝馬制覇。ターフの紀平梨花が華麗に舞えば、G1舞台はその名の通り大歓声(グランアレグリア)に包まれる。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年12月13日のニュース