【朝日杯FS】ファンタジストはスピードタイプ、評価下げたい

[ 2018年12月13日 05:30 ]

坂路で追い切るファンタジスト(奥)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 【取捨選択・ファンタジスト】京王杯2歳Sは◎を打って世話になったが、今回は軽視の方針。前走で評価できるのはレース前半4F51秒2の「超」の付くスローでも折り合い、最内をついた断然人気アウィルアウェイの強襲を鼻差とはいえ、しのいだ点。半面、勝ち時計1分24秒7は遅い。最内1番枠を生かし、経済コースを機敏に立ち回った鞍上の好プレーは大きすぎ、多頭数の仮に外枠になった時に同じ競馬ができるかは微妙。ロードカナロア産駒はアーモンドアイを筆頭に距離適応力があるが、新馬→小倉2歳S(ともに1200メートル)をスピードを前面に押し出した内容から、本馬はスプリント型か。再び超スローがあり得る顔触れゆえに“消し”は危険だが、最大評価でも△(押さえ)まで。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年12月13日のニュース