サトノノブレス、青森で種牡馬に

[ 2018年12月9日 12:15 ]

 6日付で競走馬登録を抹消されたサトノノブレス(牡8=池江)が、青森県七戸町の日本軽種馬協会七戸種馬場で種牡馬となることが決まった。当初は札幌市内の乗馬苑で乗馬となる予定だったが変更された。

 同馬は14年日経新春杯、小倉記念、16年中日新聞杯、鳴尾記念と重賞4勝。昨年はサトノダイヤモンドの帯同馬としてフランスに遠征しフォワ賞、凱旋門賞にも出走した。

続きを表示

「2021 NHKマイルC」特集記事

「京都新聞杯」特集記事

2018年12月9日のニュース