【中日新聞杯】ミスターX メートルダール 武器の末脚で連覇へ

[ 2018年12月8日 05:30 ]

 中京11R・中日新聞杯は昨年の覇者メートルダールの連覇に期待したい。振り返れば、昨年は8月の関屋記念(12着)以来の一戦を勝利。9月の新潟記念(2着)からの参戦となる今年は臨戦態勢でも期待できる。戸田師は「馬はフレッシュだし、今の時期は状態も良い。仕上がりは前走以上です」と胸を張る。

 ハンデは昨年より1キロ重い57キロを背負うが、前走も同じ57キロで好走。陣営は意に介してない。昨年破ったミッキーロケット(2着)はその後の宝塚記念を勝つまでに出世。レベルも相当に高かった。武器の末脚が最も生きる舞台で連覇を狙う。馬単(11)から(1)(3)(7)(12)(14)へ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2018年12月8日のニュース