テンジンショウグン逝く 98年に最低人気で日経賞を制す

[ 2018年12月8日 08:39 ]

 98年の日経賞を制したテンジンショウグンが7日18時20分、北海道・日高のローリングエッグスクラブステーブルで死んだ。28歳だった。現役時代は芝、ダート、障害を合わせて51戦8勝。98年の日経賞では12頭立ての最低人気で鮮やかな差し切り。単勝3万5570円の高配当を提供した。引退後は警視庁の騎馬隊で活躍。12年8月に役目を終えた後は、養老牧場のローリングエッグスクラブステーブルで余生を送っていた。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2018年12月8日のニュース