【香港スプリント】サイズ厩舎 自信の4頭出し!代表格はプローン

[ 2018年12月7日 05:30 ]

会見で愛馬の仕上がりに自信を見せたJサイズ調教師
Photo By スポニチ

 地元の“短距離王国”ジョン・サイズ厩舎。昨年の香港スプリントはワンツー。ファインニードルが遠征した春のチェマンズスプリントプライズでは1〜3着を独占している。今回も4頭出しで代表格がモレイラとコンビを組むホットキングプローンだ。ここまで10戦9勝の新星。サイズ師は「賢い馬で使いながら、どんどん成長している」。前哨戦のジョッキークラブスプリント(1着)で初めてコンビを組んだモレイラも「ここでもいい勝負ができると思う」と手応え十分だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年12月7日のニュース