【阪神JF】武豊×藤沢和師、特別レース“黄金連対率”53%

[ 2018年12月6日 05:30 ]

10月のアルテミスSを勝利し、握手をかわす藤沢和師(左)と武豊
Photo By スポニチ

 藤沢和師と武豊は“黄金コンビ”と呼ぶにふさわしい驚異的な数字を残している。88回コンビを組んで【22・14・10・42】、勝率25・0%、連対率40・9%。特別レースに限れば【14・9・3・17】で勝率32・6%、連対率53・5%まで跳ね上がる。「藤沢先生みたいな人が本当のホースマン。常に馬を優先して考え、一切の妥協をしない。すごく細かいところまで目配せが利いている」と武豊は全幅の信頼を寄せている。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年12月6日のニュース