【岡崎淳の馬見塾】2日中山11R “リフレッシュ効果でモズスーパーフレアが逃げ切る”

[ 2018年12月2日 08:00 ]

 モズスーパーフレアはレース間隔が詰まると成績が落ちる。これまで中5週以内では【0014】とさっぱり。対照的に中6週以上では【3001】。唯一の馬券圏外もファンタジーSの0秒3差5着だから、一度も凡走したことがない。この偏った成績はどこに原因があるのか。生野助手が苦笑いで明かす。

 「気で走る馬ですからね。前走にしても中1週(オパールS3着)でピリッとしていたかもしれません」

 その点、今回は中7週とたっぷり間隔をとったことで、気持ちがフレッシュ。これなら力を出し切れるに違いない。今回と同条件の前々走は前半3F33秒2、後半3F33秒8というスキのないラップで好時計の逃げ切り。同じ競馬さえできれば、このメンバーでも悠々押し切れると見た。安くても単勝で勝負したい。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年12月2日のニュース