菜七子、来週カペラSでブラゾンと初コンビ 初重賞狙う

[ 2018年11月29日 05:30 ]

調教にむかう藤田菜七子(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 藤田菜七子(21)が来週のカペラS(12月9日、中山)で、ブラゾンドゥリス(牡6=尾形)とコンビを組むことが分かった。

 菜七子は11日の福島記念(トミケンスラーヴァ16着)以来、これが10回目のJRA重賞騎乗。初コンビの相棒と、女性騎手初のJRA重賞Vを目指すことになる。菜七子は「依頼を頂いてありがたいです。これから映像を見て研究したいと思います」と話し、尾形師は「1200メートルがどうかだけど、テンから自分の形をつくれれば面白い。冬になると状態が上がる馬なので頑張ってもらいたい」と期待していた。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年11月29日のニュース