×

【東スポ杯2歳S】ルヴォルグ順調 新馬勝ち舞台で初重賞Vへ

[ 2018年11月14日 05:30 ]

 今週の土曜東京メインはクラシックを占う「第23回東京スポーツ杯2歳S」。ディープインパクト産駒ルヴォルグはデビュー戦、好位から楽々と抜け出して4馬身差Vを飾った。

 ノーステッキでの快勝に藤沢和師は「いいところにいて、上がり(メンバー最速タイ33秒6)がしっかりしている」と内容を高く評価した。母に米G3勝ち馬キトゥンカブードルを持つ良血で、前走時510キロの大型馬。「ストライドが大きくて楽しみな馬。1回使った上積みもある。中2週で順調」と新馬勝ちした舞台での重賞獲りに期待を込めた。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2018年11月14日のニュース