グレイスフルリープ、来春ドバイ直行が有力 国内前哨戦使わず

[ 2018年11月14日 05:35 ]

 JBCスプリントを勝ったグレイスフルリープ(牡8=橋口)は来春、国内で前哨戦を使わず、ドバイに直行するプランが有力となった。

 橋口師は「国内にダート短距離の適当な番組がない。向こうの前哨戦からドバイゴールデンシャヒーン(3月30日、メイダンダート1200メートル)に行くことを視野に調整している」。前哨戦は本番と同条件のG3マハーブアルシマール(3月9日)を予定。現在は鳥取県の大山ヒルズで調整中。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年11月14日のニュース