【京王杯2歳S】ファンタジスト重賞連覇!無傷V3でG1へ弾み

[ 2018年11月4日 05:30 ]

<京王杯2歳S>レースを制したファンタジスト(左)。右は2着のアウィルアウェイ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 2歳重賞「第54回京王杯2歳S」が3日、東京競馬場で行われた。3番手から伸びた2番人気ファンタジストがアウィルアウェイに鼻差競り勝ち、無傷V3。小倉2歳Sに続く重賞連覇で朝日杯FS(12月16日、阪神)に名乗りを上げた。 レース結果

 前半3F38秒0〜後半3F33秒5の極限の上がり勝負。2歳若駒なら引っ掛かってしまいかねない超スローペースでも、武豊ファンタジストは好位3番手インでピタリと折り合った。最後は内ラチ沿いを伸びたアウィルアウェイを鼻差ねじ伏せた。新馬から継続騎乗の武豊は「かなりのスローでも折り合いが付いて、上手に走ってくれた。速い上がりも対応してくれた。一戦ごとに馬が良くなっているし、距離が延びても対応できる」と称賛の言葉を並べた。

 この日は10キロ増で474キロ。新馬(448キロ)からは実に26キロも増えた。梅田師は「馬体増は成長分。先を見据えて余裕を持って仕上げたがジョッキーもマイルの競馬をしてくれた」と鞍上の好プレーを称えた。次走はもちろん、2歳王者を懸けた朝日杯FS。指揮官は「今日の感じなら距離が延びても大丈夫」とG1制覇を見据えていた。

 ◆ファンタジスト 父ロードカナロア 母ディープインアスク(母の父ディープインパクト)牡2歳 栗東・梅田厩舎所属 馬主・廣崎利洋氏 生産者・北海道日高町シャルファーム 戦績3戦3勝 総獲得賞金7691万1000円。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2018年11月4日のニュース