“芝ダ兼用の大ベテラン”ブライトラインが安楽死

[ 2018年10月23日 16:15 ]

 12年ファルコンSと13年みやこSの重賞2勝を挙げたブライトライン(牡9=鮫島)は、先週の室町S(14着)のゴール手前で左前脚に故障を発症したため、安楽死処分となった。

 鮫島師は「ダービーに出たし、ドバイにも連れて行ってもらった。芝ダートを問わず、長く走ってくれたし、本当に名馬です」と愛馬を悼んだ。通算成績45戦7勝。総獲得賞金2億7150万4000円。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年10月23日のニュース