【菊花賞】アイトーン アゲアゲ好気配!五十嵐師「予定通り」

[ 2018年10月18日 05:30 ]

CWコースを追い切ったアイトーン
Photo By 提供写真

 逃げ候補のアイトーンは、主戦の国分恭を背にCWコースを気分良く駆け抜けた。4、11日と2週続けてビッシリ追われており、最終追いは馬なりのままフィニッシュ。五十嵐師は「予定通り、いい動きだったな」と順調さをアピールした。前走の札幌記念は先手を奪えず16着に惨敗。「古馬の壁は厚かったな。勝った時は全部逃げ切りだったし、ベストはハナ。一番行きたいのはうちだからな」と先手を譲らない構えだ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2018年10月18日のニュース