【府中牝馬S】戦い終えて

[ 2018年10月14日 05:30 ]

 ▼2着リスグラシュー(矢作師)勝ち馬より2キロ軽かったので勝ちたかった。(次走のエリザベス女王杯は)短期免許が交付されれば、モレイラでいきます。

 ▼3着フロンテアクイーン(蛯名)もろかった部分が成長しているし最後まで抵抗した。普通なら勝ちパターンだが相手が強かった。

 ▼4着ジュールポレール(西園師)56キロを背負って、よく走った。次は予定通りにマイルCSへ。(サダムパテックとの)兄妹G1制覇を狙います。

 ▼5着クロコスミア(岩田)自分のペースで行けてジリジリとは伸びている。

 ▼7着アドマイヤリード(田辺)スローのヨーイドンが理想だったが、淡々とした流れになり道中も急がすことはできなかった。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2018年10月14日のニュース