【戸田プリムローズ】地元師弟コンビ、須藤&中田そろって優出

[ 2018年10月12日 05:30 ]

そろって優勝戦進出を決めた須藤(左)と中田の地元師弟コンビ
Photo By スポニチ

 地元師弟コンビがそろって優出を決めた。先陣は準優10Rの中田。最内差しで2番手に浮上すると、2Mで松田祐をさばいて2着に入った。この弟子の奮闘に師匠が呼応する。11Rで白井と2着争いを演じた須藤。2周1Mで一度は先手を奪われたものの、同2M再逆転で2着を守った。ファイナルは2人で外枠に並ぶ。中田は「G1での優出は前回の戸田以来。レースを楽しみたい」と無欲の姿勢で地元周年V2に挑む。一方の須藤は「同期の秋山が6コースから勝っているのだから僕にもできるはず」と自らを鼓舞した。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年10月12日のニュース