18歳團野が初勝利!模擬レース2戦目で現役騎手相手にお見事

[ 2018年10月12日 05:30 ]

競馬学校騎手課程模擬レース第2戦 ( 2018年10月11日    千葉県白井市 )

(後列左から)騎手課程35期生の團野、菅原、岩田、亀田、斎藤、小林、大塚、(前列左から)現役騎手の石川、鮫島駿、加藤
Photo By スポニチ

 JRA競馬学校騎手課程35期生(岩田望来(18)=藤原英、大塚海渡(17)=木村、亀田温心(17)=北出、小林凌大(17)=小西、斎藤新(17)=安田隆、菅原明良(17)=高木、團野大成(18)=斉藤崇)による模擬レースのシリーズ2戦目が11日、千葉県白井市の同学校で一般公開された。現役ジョッキー3人(石川、加藤、鮫島駿)を加えた2レースで行われ、見学に約600人が集まった。初戦は先輩騎手の石川が貫禄を見せ、外差しで勝利。2戦目は團野が直線で内を突いて抜け出し、模擬レース初勝利を挙げた。「凄く緊張して昨夜は眠れなかった。初めて大勢の前で乗り、2レース目は思い通りの騎乗ができた」と初々しく喜びを語った團野。同シリーズは卒業式当日に行われる最終戦まで全8戦9レースで行われる。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース