クラウン 秋天は回避…2週前の段階で状態戻らず

[ 2018年10月12日 05:30 ]

 6月宝塚記念12着後、戦列を離れている昨年の宝塚記念優勝馬サトノクラウン(牡6=堀)は昨年2着に好走した天皇賞・秋(28日、東京)を見送ることが11日、決まった。森助手は「放牧先から美浦に戻りましたが、2週前の段階では戻り切らない状況なので、パスします」と説明した。次走は未定。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース