ダート重賞5勝、ベストウォーリア引退…今後は種牡馬入り

[ 2018年10月12日 05:30 ]

 14、15年南部杯連覇などダート重賞を5勝したベストウォーリア(牡8=石坂、父マジェスティックウォリアー)の引退、種牡馬入りが決まった。11日、石坂正師は「デビューして6年近く故障もせず最後まで一生懸命、走ってくれて…。本当によく頑張ってくれました」とねぎらい「これからは種牡馬として、いい子を出してほしい」とエールを送った。通算37戦9勝。8日の南部杯6着がラストランとなった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年10月12日のニュース