【菊花賞1週前追い】友道勢順調!エタリオウ&スマイルに期待

[ 2018年10月12日 05:30 ]

<菊花賞1週前追い>CWコースでブラヴァス(手前)と併せて追い切るエタリオウ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 友道厩舎は2頭出し。神戸新聞杯2着のエタリオウ(牡)は、コンビ継続のM・デムーロを背にCWコースで併せ馬。ブラヴァス(2歳未勝利)を7馬身追走、ラストはステッキを入れて追われ併入フィニッシュした。鞍上は「いい動きだったね。この前の競馬が良かったし、3000メートルでも楽しみ」と期待十分。阿賀野川特別の勝ち馬ユーキャンスマイル(牡)はマカヒキ(5歳オープン)と併せて2馬身ほど遅れたが、相手がダービー馬なら仕方がない。友道師は「重め感もなくいい感じ。昨年3着のポポカテペトルと同じローテなので」と再現を狙っていた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース