【菊花賞1週前追い】ジェネラーレ 粘り強く先着!師は堂々逃げ宣言

[ 2018年10月12日 05:30 ]

<菊花賞1週前追い>ファド(左)と併せ追い切るジェネラーレウーノ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 セントライト記念で重賞2勝目を飾ったジェネラーレウーノ(牡=矢野)はWコースで6F82秒3〜1F12秒6(いっぱい)。ファド(5歳1000万)を5馬身追走し、内から粘り強く半馬身先着した。矢野師は「走る相手にしっかり先着。スタミナが凄い。心臓が強い。G1だから、これぐらいは負荷をかけないとね」と手応え。直前の輸送負担を軽減するため、土曜13日に早めに栗東に移動する。「逃げます!!そう書いておいてください」と早くも逃走宣言していた。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース