【菊花賞1週前追い】エポカ 切れた11秒9!師も満足げ

[ 2018年10月12日 05:30 ]

<菊花賞1週前追い>CWコースで追い切るエポカドーロ(手前)(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 皐月賞馬が反撃に燃える。エポカドーロ(牡=藤原英)は、1番人気だった神戸新聞杯でスタート直後に致命的なつまずきがあり4着に敗れた。藤原英師は「前哨戦は思惑通りにいけなかった。話にならない」と気持ちを切り替え、前を向く。1週前はCWコースで僚馬コーカス(4歳1000万)の内から馬体を併せ、ラスト1F11秒9の切れ味で併入に持ち込んだ。指揮官は「いいよ。予定通り。いい追い切りができた」と満足げ。距離適性については「オルフェ(ーヴル)の血統で把握できないところもある。やってみないと分からんしチャレンジやな」と半信半疑の様子だった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース