本場・仏も認めた!武豊4000勝に記念品贈呈

[ 2018年10月12日 05:30 ]

フランスの競馬場でJRA通算4000勝の表彰を受ける武豊(中央)(撮影・平松さとし)
Photo By スポニチ

 【競馬人生劇場・平松さとし】凱旋門賞に挑んだクリンチャーが敗れたことは皆さんご存じの通り。当日には、ラルクとジェニアルもG1に挑んだが、いずれも高い壁を越えることはできなかった。その全てで手綱を取った武豊騎手は言った。

 「残念な結果でしたけど、挑戦しないことには何も始まりません。今回の敗戦を勝利への糧とするためにも、いずれまた戻って来なくてはいけない」

 さすがはJRAだけで4000回も先頭でゴールを駆け抜けた男。どんな時にもいつも通り前を向く姿勢には感心させられる。

 さて、その凱旋門賞の翌日、彼の偉大さを改めて知る出来事があった。

 その日、日本のNo・1ジョッキーはパリ市内から車で1時間少々のコンピエーニュ競馬場で騎乗。そんな彼に競馬場の場長から声がかかったのは、その日、騎乗していた3鞍のうち2鞍を乗り終えた時点だった。

 いきなり呼ばれ、最初は「制裁でももらったか?」と思ったそうだが、連れて行かれた先は何とパドックの横にある表彰台。ここでいきなりJRA通算4000勝の表彰が行われ、記念品が贈られたのだ。

 「何が起きているのか最後まで分かりませんでした」

 記念品を掲げ写真撮影された後、そう言って周囲を笑わせた。

 凱旋門賞2日前にサンクルー競馬場では、ケンタッキーダービー馬でありドバイワールドCも勝ったアニマルキングダムと同じオーナーの馬で勝利した。その際、オーナーグループの一人であるアメリカ人男性は言った。

 「ユタカタケはイチローみたいだね。どちらもアメージングなジャパニーズだよ」

 4000勝の輝きは世界中にその光を届けているのである。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年10月12日のニュース