【秋華賞】38年ぶり快挙へ!最多3勝6連対の名手に全権委任

[ 2018年10月12日 05:30 ]

 武豊は98、02、05年と秋華賞3勝。岩田(08、11、12年)と並んで同レース最多勝。2着も昨年のリスグラシューなど3度マークしており、最多の通算6連対を誇る。一方、オークス2桁着順馬の優勝は96年のレース創設から皆無。カンタービレが勝てば、前身で3歳限定時代のエリザベス女王杯を80年に制したハギノトップレディ(オークス17着)以来、38年ぶりの快挙となる。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年10月12日のニュース