【東京新馬戦】1番人気ブーザーが快勝 モレイラ「次につながる競馬」

[ 2018年10月6日 13:25 ]

<東京5R>藤田騎乗のゴールデンゾーン(奥、2着)を差して新馬戦を制した(18)ブーザー(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 6日の東京5R・2歳新馬戦(芝1400メートル)は中団を追走した1番人気ブーザー(牡=堀、父マンハッタンカフェ)が残り2Fで他馬に寄られる不利がありながら、立て直して一気差し。

 騎乗したモレイラは「調教で乗って、ソコソコ能力は感じていた。決してスムーズな競馬ではなかったが、ギブアップしないで伸びてくれた。次につながる競馬だったと思う」と振り返っていた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年10月6日のニュース