【凱旋門賞】シーオブクラス、好天祈るばかり

[ 2018年10月6日 05:30 ]

 5月以降の4連勝で一気に一流クラスへと駆け上がり、大一番へと駒を進めた3歳牝馬シーオブクラス。ハガス師は「まだ5走しかしていない。まだまだ成長する馬」と、さらなるレベルアップがあると語る。「走り方や加速ぶりを見ると明らかに良馬場向きの馬。当日、天気が良くなることを祈るばかりだ。もちろん出るからには軟らかい馬場でも頑張るが…」と好天での競馬を熱望した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年10月6日のニュース