【万哲の乱 特別編】6日京都11R モズアトラクションが久々を叩き一変

[ 2018年10月6日 08:00 ]

 G1が続く秋の京都開催が開幕。菊花賞ウイークに出張予定があり、週末の京都の宿を探していたら、最近京都のホテルや旅館が増えた効果で“宿なし”の最悪の事態は避けられそう。ただ、どこも宿代が高い。1泊2万円超えも多数(もちろんシングル、食事なしで)。こうなると、菊花賞までの残り2週の競馬で稼ぐか?あるいはサウナ(カプセルホテル)でしのぐか?京都に親類や友達がいない小生には切実な問題。

 京都11R・平城京Sは菊花賞資金稼ぎの第1弾。◎モズアトラクションの前走・オークランドレーシングクラブT(6着)は出遅れた上に、勝負所の反応が鈍く、4コーナーでは大外を回るロスの多い競馬。最後は伸びたが、休み明けが響いたのは明らか。現準オープンは3月阪神の甲南Sで既に勝っている。中間は調教を強化しており、一変する土台は整っている。

 《もうひと押し》京都10R・久多特別は◎オールザゴー。前走・瀬戸内海特別(12着)は調教でも遅れ、完調手前。芝1400メートルは本来ベストで、2走前の知多特別(3着)だけ走れば、好勝負になっていい。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2018年10月6日のニュース