【スプリンターズS】ニードル90点 キ甲発達!バランス◎

[ 2018年9月25日 05:30 ]

肩、トモ、首もキ甲とともに発達しバランスの取れているファインニードルの立ち姿
Photo By スポニチ

 馬はキ甲(首と背の間の膨らみ)で目方を背負うといいます。ファインニードルが前走・セントウルSを重量58キロで完勝したのも馬体を見れば納得です。厚みのある素晴らしいキ甲の持ち主。でも、この膨らみだけが浮いているわけではありません。肩、トモ、首もキ甲とともに発達しているためバランスが取れて、とても奇麗に映る。

 頭を上げた立ち姿は高松宮記念と同じでも、毛ヅヤはそれ以上。表情も精かんです。正面を見据えて、耳をしっかり立て、鼻の穴を開いています。尾もよく手入れされて、好感が持てます。唯一気になるのは浅い口元(鼻先から口角までが短い)。こういう口元ではあまりハミを受ける余裕がない。折り合いには気をつけた方がいいでしょう。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年9月25日のニュース