【阪神新馬戦】グランデストラーダ初陣V Mデムーロ「強かったね」

[ 2018年9月23日 12:53 ]

<阪神5R新馬戦>直線で抜け出し、新馬戦を快勝したグランデストラーダ(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 23日の阪神5R新馬戦(芝2000メートル)は、1番人気のグランデストラーダ(牝=友道、父ハーツクライ)が新馬勝ち。Mデムーロが競馬を教えるように馬の後ろで脚をためると、ラスト100メートルでグングン加速。余力十分に後続を2馬身半差ちぎった。

 鞍上は「強かったね。スタートでガタガタしたが、その後はずっといい脚だった」と好感触。友道師は「直線でフラついたが、手前を替えてからは伸びてくれた。まだ体が緩いので使いつつ、もっと良くなると思う」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年9月23日のニュース