【午後の狙い馬・23日中山11R】単騎逃げ濃厚マイネルミラノ前残り十分

[ 2018年9月23日 13:50 ]

 中山で午前の芝レースは2鞍。2R(1600メートル)は4角8→4→1、5R(2000メートル)は同2→3→1番手で決着した。2Rを勝ったユナカイトは中団から差し切ったが、単勝オッズは1・5倍と力が抜けていた感。馬券のオッズ妙味を考えれば、前で運べる穴馬だ。

 11Rオールカマー(芝2200メートル)は、マイネルミラノで勝負。単騎逃げ濃厚な顔触れで、ここは淡々と自分のリズムを刻める。前回の3着も同じ中山芝2200メートルのAJC杯。8番人気ながらしぶとく粘り、小波乱を演出した。きょうも前残り十分の馬場だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年9月23日のニュース