【西武園】守沢、再び好連係へ 佐藤の番手で決勝進出だ

[ 2018年9月12日 05:30 ]

 初日10Rは北日本勢の好連係が光った。打鐘すぎに志佐―近藤の3番手からすかさず仕掛けた金沢だったが、志佐に合わされ外に浮いてしまう。そのピンチを救ったのが守沢。最終ホームで金沢を迎え入れる。直線はその金沢が鋭く伸びて1着でゴールした。

 「金沢君が頑張ってくれたおかげだけど、最後の伸びは想定外。敵は前にいたね」と苦笑い。それでも3番手を固めた佐藤も4着で勝ち上がれたとあって表情は明るかった。準決11Rは佐藤の番手回り。ここも再度、好連係を決めて決勝に駒を進める。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年9月12日のニュース