ディオスコリダー、右前脚骨折…高橋忠師は引退の可能性示唆

[ 2018年9月12日 05:30 ]

 昨年のカペラSを制したディオスコリダー(牡4=高橋忠)は、8日のエニフS(10着)の後に右前脚の蹄骨の骨折が判明した。現在は経過観察中。高橋忠師は「傷めた箇所が良くなかったので、おそらく競馬には使えないと思います」と引退の可能性を示唆した。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2018年9月12日のニュース