WASJ紅一点コレット必見!昨季のNZリーディングも獲得

[ 2018年8月22日 05:30 ]

WASJ初出場のサマンサ・コレット騎手
Photo By スポニチ

 紅一点の初出場サマンサ・コレット騎手にも注目だ。キュートな笑顔と確かな手腕で必見の女性騎手。父のジム・コレットは元騎手で現在は調教師。騎手時代に当シリーズの前身「ワールドスーパージョッキーズシリーズ」にニュージーランド代表として95年(総合5位)、97年(同4位)の2回参戦した。母のトルーディ・ソーントンは現役の騎手と、ニュージーランドでは有名な競馬一家で育ったコレット。17〜18年シーズンは年間132勝をマークし、初のリーディングを獲得。重賞6勝を挙げ、獲得賞金も1位でキャリア最高の成績でシーズンを終えた。今年は武豊が参戦したシャーガーCでも女性騎手選抜チームが優勝しており、日本でも藤田菜七子に続く女性騎手旋風を吹かせるはずだ。なお各騎手の騎乗馬は今日決定する。

続きを表示

「根岸S(G3)」特集記事

「シルクロードS(G3)」特集記事

2018年8月22日のニュース