【新潟5R新馬戦】ホウオウサーベル1番人気に応えてV「余裕があった」

[ 2018年8月11日 13:16 ]

新潟5R新馬戦を制した(13)ホウオウサーベル(右)=撮影・村上 大輔
Photo By スポニチ

 新潟5R新馬戦(芝1800メートル)は、単勝1・4倍の1番人気に推されたホウオウサーベル(牡=奥村武、父ハーツクライ)が順当V。好位でジッと機をうかがい、直線はメンバー最速の脚(上がり3F33秒8)で駆け抜けた。

 奥村武師は「内で我慢をさせて一息入れてから追い出せた。ジョッキーがうまく競馬を教えてくれた」とご満悦。Mデムーロも「さみしがり屋のところはあるけど、凄い賢い馬。余裕があったし、まだまだ次で良くなりそう」と期待していた。今後は放牧に出され、次走は未定。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「WEB限定予想コラム」特集記事

2018年8月11日のニュース