PR:

札幌の新名所「ターフパーク」JRA初“砂かぶり席”が誕生!

札幌競馬場ターフパーク
Photo By スポニチ

 雷神モレイラの大活躍など、今年も熱戦が繰り広げられている夏の札幌開催。舞台となる札幌競馬場は今夏から馬場内エリアをリニューアル。新しく「ターフパーク」として生まれ変わった。JRAの競馬場では初となる馬場内指定席「テラステーブル」も新設。ダートのレースを至近距離から観戦できる。夏休み真っ最中。家族連れや女性グループにも好評な新スポットの魅力に迫った。

 札幌競馬場の馬場内エリアは昨秋から改修工事を進め、今夏の開催から新たに「ターフパーク」としてリニューアルされた。愛称は同競馬場の公式LINE(登録約7400人)による投票で決定された。目玉となるのはJRA10場で初となる馬場内指定席「テラステーブル」。エルムテラスと称する大屋根の下に4人掛けのテーブルが20卓。相撲の“砂かぶり席”がコンセプトで、ダートコースから約25メートルという至近距離に新設された。

 札幌競馬場・お客様事業課の水橋祐馬氏は「他の競馬場の馬場内にも、さまざまな施設があるが、レースを見ることを前提に指定席をつくったのは初めて。馬場内から見るとスタンドが熱狂している様子も分かる。普段と違ったアングルで競馬を楽しみ、違った魅力を感じてもらえれば」と話す。ファンにも好評。7月28日の運用以来、完売が続いている。

 新装ターフパークの魅力は盛りだくさん。JRAが各場で展開する女性専用スペース「UMAJO SPOT」はゴールの真裏、同じくダートコースから約25メートルの地点に移設された。「入場門から離れてしまう心配はあったが、スタンドから目立つこともあり、多くの女性に利用いただいている」と水橋氏。札幌は開催時の入場者に占める女性の割合が約3割と、全10場で最も高い。流行に敏感な“馬女”のハートもがっちりつかんだ。

 他にも屋上から直線が一望できる「セイテンスタンド」を新設。子供向けの遊具や広場も充実させた。乳幼児向けの授乳室、おむつ自動販売機なども設置され、家族連れにも優しい施設となっている。今週は北海道シリーズ唯一のダート重賞であるエルムSが開催。時速70キロ近くで砂を蹴散らし疾走するサラブレッドの迫力を、間近で体感できるターフパーク。夏休みの思い出づくりに、ぜひ足を運んでみてほしい。

[ 2018年8月10日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:08月16日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース