【クイーンS】リバティハイツ、充電完了 軽快な脚さばき披露

[ 2018年7月26日 05:30 ]

函館Wコースで軽快に追い切ったリバティハイツ
Photo By スポニチ

 3歳リバティハイツは主戦の北村友が函館に駆け付け、Wコースで軽快な脚さばきを披露。5F67秒6〜1F12秒3の時計をマークした。

 鞍上は「時計は手応えよりも速かった。元気いいですね」と笑顔。桜花賞(6着)後は放牧で疲れを取り、順調に乗り込んできた。初めての千八について「距離が延びるのは課題。欲を言えばもう少し“ゆったり感”が欲しい」と慎重な姿勢を崩さなかった。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年7月26日のニュース