【函館記念】ミスターX サクラアンプルール、実績上位

[ 2018年7月15日 05:30 ]

 函館11R・函館記念はサクラアンプルールだ。昨夏の札幌記念Vを筆頭に、G2で【1・1・1・1】の実績はここでは1枚も2枚も上。前走・日経賞(3着)も不向きな展開をメンバー最速の脚(上がり3F34秒6)で追い上げ、能力の高さを見せつけた。内から馬群をこじ開けるのがVパターンで、内寄り3番枠ゲットは歓迎できる。

 ハンデはメンバートップの57・5キロだが、陣営は「想定の範囲」と意に介さず。58キロでG1を走った経験もあり、大きく戸惑うことはないはずだ。最大目標が次戦の札幌記念なのは明らか。それでもこのメンツなら勝ち切ってしまう地力を備えている。馬単(3)から(1)(5)(6)(7)(10)へ。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年7月15日のニュース