PR:

同じオーナー、別厩舎のチェスナットコート&ソールインパクトが豪州遠征へ

 今年の日経賞2着チェスナットコート(牡4=矢作)、昨年のアルゼンチン共和国杯2着馬ソールインパクト(牡6=戸田)の今秋の豪州遠征が発表された。

 2頭ともにG1コーフィールドC(10月20日、コーフィールド・芝2400メートル)から、G1メルボルンC(11月6日、フレミントン・芝3200メートル)へ向かう。チェスナットは2戦ともに初コンビとなる川田が騎乗。ソールはコーフィールドCが坂井、メルボルンCは福永が手綱を取る。

 2頭ともに9月15日に東京競馬場で出国検疫に入り、10月1日に成田空港から現地へ出発する。チェスナットを管理する矢作師は「そのクラス(芝中長距離路線)では日本の方が明らかにレベルが高い。非常に面白い挑戦だと思います。同じオーナー(窪田康志氏)の所有馬で同じローテ。ひとつのチームとして、2頭で帯同できるのは大きいと思います」とコメントした。

[ 2018年7月12日 13:02 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:11月18日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース