【函館記念】ロジチャリス 2馬身先着に国枝師「まずまず」

[ 2018年7月12日 05:30 ]

 3月ダービー卿CT12着以来のロジチャリスはWコースで5F68秒4〜1F13秒0(馬なり)。外キングキングキング(3歳1000万)に2馬身先着した。

 国枝師は「まずまずかな」と第一声。「2000メートルは走れないことはないと思う。昨夏の札幌記念(15着)にしても出遅れが響いたので…。洋芝は合うと思うし、それなりの位置を取れれば」と期待した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年7月12日のニュース